たこたぬ記

takotanuki.exblog.jp

戦跡訪ねて倉橋島遠征~タクトでGO!

お、お久しぶりです。えーと、
8ヶ月ぐらい振りでしょうか...('A`)
ど、どうぞ今後とも宜しくであります。


さてさて、近況はですね。
Twitterの方ではチョコチョコと挙げておりますが「戦跡巡り」に嵌り、隙を見ては呉方面に足繁く通う不審な原付おじさんに成り果てています。

つい先程、急にブログ書いてみっかー、と思い立ったもので道中の写真が無い&Tweetしたものと丸被りな流れはごめんちゃい(Twitterメインにしだすと道中写真取らなくなるね...。)
リハビリよリハビリ。致し方ないの。


さぁ本題ですよー。
今回は海軍関係の戦跡を訪ねて倉橋島へ行ってまいりましたよ。

朝8時に尾道を出発です。ずんずん進んで安芸津だったか安浦辺りで何気に遠くを見つめると...。


ん。山頂に何か書いてあるよね?「万」かな?

b0289941_21395512.jpg



必殺20倍ずぅーむ!
b0289941_21412742.jpg

うん、「万」だね。灯籠みたいになってんのかなぁ。

はい、道中写真は終わりだぞ。一気に端折って呉市内へ。


アレイからすこじま着。
b0289941_214544.jpg

天気いいけど風が強いのでレッグカバー装備です。まだまだ冬仕様。


ごーやの先輩。
b0289941_21475799.jpg


よーし。艦艇チェック完了したので倉橋島方面に南下していきます。


目が回るよ音戸大橋。

b0289941_21522358.jpg

ここツツジが綺麗なんよねー、5月ぐらいだったけ?んふ?

さ、音戸大橋を渡ると目的地の倉橋島です。
橋を降りて右折、西に2kmぐらい進んでいくと坪井港に着きます。


坪井港のコンクリート製の油槽船防波堤。
b0289941_21593695.jpg

大戦末期。鉄不足の中作られたコンクリート油槽船です。手前が船首ね。
奥に見える階段や堤防状の壁は後付け。この船そのものには動力がなくて、曳航されたり港で浮きタンクとして使われてたみたいねー。
パット見は船に見えないけど、喫水線下の膨らみや艦首部にあるフェアリーダーらしきもの、給油バルブ跡などなど。うん、船だわコレ。
因みにこのコンクリート油槽船から少し沖の海域が戦艦伊勢の大破着底位置です。
早く改二こないかなー。 
※他には安浦港でコンクリート輸送船が防波堤になってるんよ。

じろじろ、いやいや、じっくり見てたら漁師のおじさん達から不思議そうな視線をバシバシ当てられたので次なるポイントに移動です(^_^;)

音戸大橋まで戻って、今度は島を東南方面に進むこと10km弱。


大浦崎特殊潜航艇基地(P基地)

b0289941_2220818.jpg

現在は大浦崎公園・広島県立水産海洋技術センターになってて当時の面影はないです。
ココね、要するにですね、艦これで出てくる「甲標的」の生産と訓練が行われた基地。
ここから真珠湾・ラバウル・シドニー等、先人たちが出撃していかれた場所。

今は高校のカヌー艇倉庫。
うん。「平和は大切ね」って決まり文句じゃすっきりしない感情が湧いてきますね...現地に立ってみるとね...。

近くをぐるぐるしてると、今でも遺構が残ってます。
b0289941_2225314.jpg

b0289941_22255667.jpg

b0289941_22261648.jpg



振り返ると青い海。
b0289941_22344058.jpg

何かとっても青いよね。海だから当たり前なんだけどね。
当時の隊員さんたちはこの青さをどう感じたんだろう...。


戦跡巡りはいっつもこうなるんよねぇ。
興味津々で訪れるんだけど、現地に立つとなんて言うんだろ。
感謝? 歯痒さ? うーん。

話が堅くなってきたぞ。いかんいかん。
...あれれ、原付止めてるところ、

駐禁標識の真下じゃないですかやだー!


もうちょっと続くよー(゚∀゚)
[PR]
Commented by DIESEL2005 at 2016-03-28 20:56
たこ…た…ぬ記?
…あぁ、知ってる知ってる!生口島のタコ料理屋さんよねー、確か。( ´∀` )
安心してください、覚えてますよ!(σ・∀・)σ
ツイッターは12時間遅れくらいで結構見かけるの(夜見る)ですけれど、blogは久々よねー。('▽')

さてさて、呉ですか。
私にもなじみの地域といっても過言ではありますまい!
『万』なんてあるのねー。
きっとお盆に点灯するのに違いない。
私も昔京都のマンションから大文字焼きの『妙』を見ながらベランダで酒盛りしてましたなー。(*´▽`*)なつかしいのー

アレイからすこじま、こんなにアップで潜水艦を見たのは初めてだ!(*'▽')すごい!

音戸大橋、ぐるぐるまわるよねー。('▽')<知ってるぞ!
つつじが綺麗というのを動画か何かで知りました。

坪井港、ここは知らないですねー。
なるほど、船に見えます!!

P基地、ここも知らなかったなー。
私が以前に訪れた三崎半島のあの訓練場みたいですなー。
煉瓦の遺構というのは、当時を特に感じることが出来る気がするので好みです。

最後のお写真、綺麗な空と綺麗な海。
戦跡を巡ったときに私が思うのは『感謝』かなぁ。
先人が作ってくれた今を存分に感じて楽しむことが彼らの行為に対する私の今出来ることと思っております。
わたくしが今この地にいる感謝、の一言であります。

もうちょっとみるよー!
Commented by kaku4837 at 2016-03-29 20:56
>DIESELさん。
そです!生口島にお越しの際は是非お立ち寄り下さい!
....(´・ω・`)ムキュー。
なんとかやってますのよー。生存確認はTwitterでね(ゝω・)

呉って、ひょっとしたら松山からフェリーの方が楽チンかもですねぇ。
京都のマンションから大文字焼き!それは贅沢ですねー。ずーっと地方住みなので憧れますわ>アーバンライフ。

潜水艦のアップってあんまり見ないでしょ? カタチは単純なんだけどじっくり見ると細かいディテール。良いです!
からすこじまは毎回艦容が違うので飽きません(^^)

音戸大橋ぐるぐるよねー。
三半規管弱い人は気持ち悪くなっちゃうんじゃないですかね(汗 おまけに橋の欄干が低めなので高所恐怖症の人も辛いかもですね...。
つつじの季節にはまた行きたいなー。

坪井港は小さな港なので、意識してないと通り過ぎちゃうようなトコロなんですよ。写真だとアレですけど、実際に見ると50m程あってなかなかゴツいんですよ>油槽船。

P基地は慰霊碑がないとわかりにくいですねぇ。
煉瓦遺構は調べるとまだ奥の方に会ったようです...。
やっぱりイギリス積みでしたよ(゚∀゚)

感謝、ですよね。
色々な意見があるのは承知なんですが、やっぱり今を作ってくれたのは先人たちなんですよね。
特殊潜航艇等、一連の作戦行動を無駄死みたいに捉えてる意見や書物を見るとやりきれない思いがするんです...。
by kaku4837 | 2016-03-26 22:53 | おでかけ。 | Comments(2)