たこたぬ記

takotanuki.exblog.jp

愛南町攻略作戦 2日目その②

さてさて、遅くなりましたが続きですー。
2日の朝を迎え天気も回復傾向、一路未踏の憧れの地「四国カルスト」に舵を切ります!

鬼北町を北東に向けて進んでいくと、程なくこんな案内表示がががが。


こ、高知ですか!?
b0289941_1613365.jpg

むむむ、GoogleMapさん? いやいや、ええ? わたしカルストに行きたいの...。
暫し頭の中が?だったんですが、よく考えるとこの辺りって県境なんですね(だから地図見ろよぉ)
自分が思ってる以上に遠くまできたんだなぁ、とココロがぷるぷるしましたねぇ。

梼原町。ここでリプライいただいて、どうやら町並みが楽しそうなので少し寄り道します(みんとさんサンクス)


程なく梼原町へ潜入。
b0289941_16273932.jpg

山&川だけだった道筋に突然、街が現れたような立地です。
なんかね、竹原とか倉敷とか思い起こさせるような町並みで、整備されてるんだけど何処か懐かしいような光景。
建物一つ一つに個性があって面白いねー。
お、久万高原町の表記も出てきたぞ。

b0289941_16332567.jpg

b0289941_1634611.jpg


折角なのでココでひと休憩。道の駅ならぬ町の駅で水分補給しまったりしてから再出発!

やっぱり川の色がおかしい。
b0289941_16393519.jpg

b0289941_16401719.jpg

空気がパリッとして、風も心地よい快走路。あーもうコレが旅ですわ(・∀・)
電柱とか自販機とか、人工的なものが視線に入らないのは贅沢なコトです。


さ、もう少し。
b0289941_16473815.jpg

ここを左折して高原目指して標高を上げていくよー。
表示が見えるとワクワク感50%増しです(*°∀°)=3


苔生した道路を駆け上がる。
b0289941_16583969.jpg



おおー、周りの山々を見下ろすまで登ってきました。
b0289941_1722429.jpg

んー、でもカルストちっくではないよねぇ。まだ登山だぞコレ。
もう随分進んだ気がするんだけどなぁー、と思ってたら...。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
b0289941_1795551.jpg

とうとう到達しました!
いつも写真を見るたび「いいねー。この眼で見てみたい!」と待ち望んだこの風景(^^)
実際に立つと解放感が段違いで、何ていうかこの非現実感。

b0289941_17391643.jpg

b0289941_1740873.jpg

もうねー、嬉しくって3周ぐらいしましたよ(・∀・)
牛さんにタッチしたりナデナデしたりしちゃったりもう大満喫です(イノシシ以外は触りたい)


草食む食む。
b0289941_17501412.jpg

草を食べる(引き千切る?)音が意外とワイルドで驚き。
「はむはむ」じゃなくて「ばりばりっ」って感じ(*_*) 
大久野島でのウサギさんの「人参噛みちぎりパワー」と同様の驚き。

いやー、堪能しまくりでしたが2時間弱の滞在。
そろそろ帰らないと帰宅時間が怪しくなるので、後ろ髪惹かれながらカルストを後にします...。


さらばカルストよ...。
b0289941_1814066.jpg


此処から先は国道440号線をひた走り、尾道へ!
綺麗な面河川に沿って進んで行くと、何処かで見た事ある光景がっ!


軍艦岩じゃないかー!
b0289941_18185215.jpg

後は帰るだけ、安全運転(・∀・) ってわけでのんびり走ってて、ふと右手を見ると「のわわ!」ですよ。
思いがけず気になってた風景が突然目の前に現れるって(*°∀°)=3 いやー、ナイスタイミングわたし。
あーもう1泊したい。川辺に降りたい。ちゃぷちゃぷしたい。いや寒いか...。


三坂峠から望む松山市方面。
b0289941_1827265.jpg

この後は砥部町→松山市に入り、今までののんびり道から一気に街中へ。
わたわたしながら(田舎者なので2車線以上は焦る)海沿いの国道196号線に。


伊予灘の夕焼け。
b0289941_18345680.jpg

ゆうやけこやけラインで...って訳には行きませんでしたが、旅の終わりを感じさせるきれいな夕日。
ああ、始まりがあると終りがあるんよね。僅か2日間ではありましたがギュッと詰まった良い時間でしたー。

この後は夜のしまなみ海道を、一気に尾道まで駆け抜けて無事帰宅。

尾道~愛南町を巡って700km
結構な距離でしたが、振り返るとあっと言う間に過ぎちゃいましたねー。
しまなみ海道以外はほぼ見知らぬ道ばかりで、カーブを曲がるたび、トンネルを抜けるたびに新たな光景。
雨にも降られ迷子にもなり、美味しいものを食べて綺麗な風景を見る。おまけにイノシシ怖い怖い(T_T)

こんなに充実して満たされてリフレッシュ出来て暫くはストレスとは無縁だわー(・∀・)
なーんて思ってると、リフレッシュされすぎて日常への耐性が更に低下しちゃったり...。あははは...。

旅ってだいじね、だいじ。

長くなりましたが愛南町攻略は大成功!
また再び訪れたい地となりました! いつかはたべるぞ!びやびやー!
[PR]
Commented by DIESEL2005 at 2016-11-10 21:37
おー、梼原だー。
そうそう、隠れ里みたいな感じで不思議よねー。(*'-')
梼原町は新国立競技場のデザインも行った隈研吾氏と昔から交流があるようで、面白い木造建築がいっぱいなのです。(*´▽`*)

いよいよカルスト、遠かったでしょう。('▽')
空が広くて高くて、道がすっと伸びてて、ものすごい非日常感ですよねー。
それにしてもあの天候が不安定なカルストが快晴とは…
写真からも空気の透明感が伝わってきます。(*'▽')

そして帰路。
旅の最終日は猛烈にもうちょっと旅してたい感に襲われますけど、これまた見知らぬ道を走るわくわくで少しは払拭出来たでしょうか。
(*´ω`)

何かで見た景色を実際に自分で出向いて行って見るというのは楽しいですよねー。
愛南町遠征、お疲れさまでしたー。(*´▽`*)
記事からも未知へのわくわく感が伝わってきて楽しく拝見させていただきました。('-'*)アリガト♪

完全攻略、ではなくて、ちょこちょこ見落としがあるほうが再訪の期待が膨らんだり、ずっと気になったりしていいですねー。
美術でいう、完全なものより何かが欠損したもののほうが美しいと感じるあれに近い気がすると、個人的には考えております。
Commented by kaku4837 at 2016-11-10 22:15
>DIESELさん。
梼原って隈研吾さんとの関わりがあるのかー(*_*)
道理で独特な建物が多いわけだ。時間許せばもう少しゆっくりしたかったなぁ。

いやーカルストね、遠かった(^_^;)
でもその距離や時間を全てチャラにさせてくれる場所でしたー。
道が空に続いてるように見えるのが何ともナイスです!
天気もこの時ばかりは空気を読んでくれて、長年夢見た景色をこの眼で味わいました(・∀・) 空が近く感じられる場面は滅多にないもんねー。

帰り道はなんとも言えない気分になりますね。
旅が充実してればしてるほど、その気持が大きくなる。
行き帰りは違う道程だったので、おっしゃる通り「未知のわくわく+帰りたくないなー」がごちゃまぜでしたねぇ。

そうそう!写真とかで見慣れてても、実際に自分の眼で見ると一味違う(*°∀°)=3
視覚・嗅覚・聴覚に訴えられると、もう無条件でココロが踊ります。

うん、確かに初回の新鮮さはもちろんだけど、2度目3度目の訪問での新たな発見とか前回の欠けたピースを埋めていく。そんなこと思いながら次回への旅を考えるのも楽しそうよねー(^^)

長くなりましたが最後までお付き合い有難うございましたー。
今回の旅はみんと先生の記事が大変参考になりました!
重ね重ねありがとーう(・∀・)
by kaku4837 | 2016-11-09 18:52 | おでかけ。 | Comments(2)