たこたぬ記

takotanuki.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

しまなみ原付道を渡ってみる。ちょっと見近島。

えー、梅雨も明けて台風も何とかやり過ごしてのこの暑さ。
一気に夏ですね。やっぱ暑いのキライ('A`)汗かくと肌が荒れる。

とか言っても10月上旬ぐらいまでは暑いハズなので覚悟決めてヤルしかない!

この頃は原付でウロウロしてるんですが、やっぱりしまなみ行きたいよね。
自転車で走りやすい場所は原付にも優しいんです。信号・交通量が少ないのは有難い。

おまけにしまなみ海道は原付なら自転車同様、橋の側道をとことこ走れちゃう。
しかもちょっぴり違う景色を見れちゃう!

つーわけでGOだ(*゚∀゚)


やっぱり暑いこの陽射し。
b0289941_21504592.jpg

でも風切って走るのは気持ちいいです(゚∀゚)

道中はいつものルートなので、チョイと端折って生口橋に向かうトコロ。


はい来たよ原付道!
b0289941_21545670.jpg

いつもは右へ進むのだけど、今回は左へ行きますよ。
何年もしまなみウロウロしてますがココは初体験ですな(;゚∀゚)=3ムッハー。


少し進むと視界が広がって車の料金所が見えます。
b0289941_21591923.jpg


んで左を向くと生口橋。
b0289941_2212647.jpg

ほほーう、いつもの景色ではあるんだけどやっぱ違う! ←ちょと嬉しい。

なんですけどね、頻回ではないにしろバイクの通行はあるので、あまり長い時間停めての撮影はダメですねー。結構皆さんスピード出されてるようですしね...(;´Д`)制限速度は守ろう!


時々曇ったり晴れたり。
b0289941_22850100.jpg



大三島への原付道。
b0289941_22121929.jpg

ここは来島海峡大橋の自転車道に似てるです。すれ違うのは少し気を遣う道幅。
うん、ココも景色が違って見えて楽しいねぇ(・∀・)

さらにo( ゚Д゚)oブンブン進んで大三島→伯方島方面へ。


今日も綺麗な大三島橋さん。
b0289941_2218211.jpg

島と島の間隔が絶妙ですよね。このみっちり感が好きです。

で、今回のメイン、見近島へ潜入します。


いつもはスルーなこの標識を右折!
b0289941_22222731.jpg

b0289941_22225511.jpg

ずんずん下って行くと...。


キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
b0289941_2224594.jpg

いやー来てみたかったんですよね。youtubeとかニコ動で時々見かけて気になってた場所なんです。
「徒歩・自転車・原付」しか入れないってのが小さな冒険心を擽るのですよ(`・ω・´)


海岸から左右を眺める。
b0289941_22302520.jpg

b0289941_22304012.jpg

写真じゃアレなんだけど、海の透明度が半端ないです。
結構大きな魚が泳いでるのがハッキリ見えて、ぼんやりしてても飽きません。


見上げるといつもは見下ろしてる橋の上。
b0289941_2238256.jpg

平日なんだけど、ちょこちょこカブ乗りのオジさんが現れては釣りされたりお弁当食べたり。
皆さん気ままに過ごされてます。


で、今回のグルメ成分。
b0289941_22462053.jpg

伯方島のスーパーで購入。愛媛&岩城の黄金バッテリー、美味しくないわけがないんだな。
ブタちゃんのコクのある脂にさっぱりレモン。合うよ合う。
そうだ、あらくれポークも食べてみたいなぁ。

暑い暑いと言いながらも2時間弱程ぼんやりと滞在です。
橋の袂だけど、車の音は殆ど気にならないし波の音が心地よい場所でしたよー。

安いテントでも買ってみようかしらん?
[PR]
by kaku4837 | 2015-07-25 23:03 | おでかけ。 | Comments(6)

太東鎮守府でバケツ!

いやー、暑いですね。梅雨だわ台風だわ湿気っぽいわで三重苦です('A`)
暑がりな私にはキツイ季節で、外に出るのも億劫になっちゃいます。

暑い時は...バケツぶっかければいいじゃない。へーい提督ぅー。


お外は暑いからゲーセンだよゲーセン(`・ω・´)
b0289941_12304335.jpg


今ね、タイトー系列のゲームセンター(最近はアミューズメント施設って言うのかな?)こんなのやってるー。

←リンクね(・∀・)


んでんで、気になるのがコレ!
b0289941_12361439.jpg

これはカワイイよねー。きっとペン立てとか、ペン立てに役立つよ!
他にも、あんなコトやそんなコトにも役立つはずさ!


ってワケでもらってきたよ(゚∀゚)
b0289941_12405274.jpg

手のひらサイズで良い感じ。フィギュア等ではないので、お部屋に違和感なく置ける艦これグッズですよ(提督としてはそう思うの)

※注意
・このバケツはメダルゲームのメダルを千円分購入するとおまけで貰えるものです。
・メダル購入前に店員さんに「バケツちょうだい」と予め宣言すること。
・すると店員さんが在庫確認→メダル購入→バケツゲット!

てな流れになります。さりげない艦これグッズが欲しい方ー。
実施店舗を確認して手に入れてねー(´∀`) 
[PR]
by kaku4837 | 2015-07-13 12:53 | 艦これ。 | Comments(2)

呉へ行ってきたよー。呉港うろうろ編。

えーと、工廠神社跡からの続きね。階段きつくて脚がぷるぷる('A`)

工廠神社を下り、「アレイからすこじま」に向かいます。
何かへんてこりんな名前よねぇ、と思ってたんですが

「アレイ」は小径の意味。
「からすこじま」はその昔、烏小島なる小さな岩礁があったそうな(現在は埋め立てられて陸続き)

で、合わせて「アレイからすこじま」なんだって。(´・∀・`)ヘー。


とーちゃーく。
b0289941_15182.jpg

まぁ到着っても5分もかからんのんじゃけどね。
平日なんだけど潜水艦・護衛艦がずらり並んでますねー。


かわらないもの。
b0289941_1534849.jpg

こんな古い石組みが残ってるのが凄いよね。
沢山の人が色々な思いで昇り降りしたんだろうな...。
今時のコンクリートとは違うんよね。人の気持ちがこもってるような、実用性一辺倒じゃない佇まいと言うか。

んでんでチョイと西側に歩いて行くと、例のヤツが見えてきますですよ。


こいつよこいつ。
b0289941_15123035.jpg

b0289941_15124168.jpg

みんな大好き、魚雷積載用クレーンですよ!
呉軍港時代はコレで駆逐艦や潜水艦に魚雷を積み込んでたらしいです。
きっとゴーヤやしおいちゃんもお世話になったに違いないっ。

このクレーン、大きさ的には10畳間ぐらい?
とってもキレイに保存されていて今でも動きそうな雰囲気です。
でもココも特に説明板は無いんだなー('A`) 呉市頑張れ、なんかもったいないぞ。
あ、因みにアニメ艦これにも出てましたねー。

不審者のごとくジロジロ見学し、堪能したので次は今回の最後の目的地「歴史の見える丘公園」へ行きます。
大和ミュージアム方面に迎い、途中で住宅街へ。


お、ココばっちり見えるね。
b0289941_15282178.jpg

大和の建造ドック。覆い屋根は当時のままなんだけど、現在は中のドックは埋め立てられて、工場として使われてます。

そのドックの名残...が「歴史の見える丘公園」にモニュメントとして残ってるの。
他にも正岡子規の句碑とかもあるけど、今回は割愛。


造船船渠記念碑。
b0289941_1540884.jpg

これです。ドックの壁石を使って記念碑になってます。
因みにこのドック。大和のふるさととして有名ですが他にも「扶桑」「長門」「赤城」
などなど主力艦を建造したトコロなんですよ(^^) うーん、呉鎮にサーバー移りたい。

同じ敷地内にはこんなモノも。


噫戦艦大和之塔。
b0289941_15481874.jpg

戦後に大和の建造等に関わった方々が中心となって建てられたもの。
左にある白いものが41cm徹甲弾。右が46cm徹甲弾。

たった5cm差なんだけど、一回り以上に大きく感じます。
46cm徹甲弾って高さ約2mもあるのよ。こんなもん40km先まで撃ち込める大和さん貴女って...。


はー、今回もアチコチ回れて大満足。さて帰るでー、と原付に腰を下ろしたところにオバちゃん登場。
何となく世間話が始まり、暫くは和やかムード。んでね...。原付のナンバー(尾道ね)に気付いたオバちゃん。

「あらー、今頃のナンバープレートは可愛いねぇ。」※尾道市はご当地ナンバープレートがあります。
「んー? 尾道からコレで来たんね!」
「あんた危ないじゃろー、お母さんが心配するじゃろ!」

いやいや、もうそんな年じゃないですしおすし...。何で軽く怒られてるんだろ...。
お気遣い有難う御座いますぅ('A`)

とか何とかで今回も怪我なく無事帰宅です。
道中の写真がないのはまだ運転に余裕が無いんですぅー。追々キチンとツリーングレポっぽくしていくよ!

そうそう乗ってる原付はタクトさんね。リッター60kmは下回らない、御主人様の懐事情を良く理解してる賢いヤツです。近いうちに紹介記事にしまーす。

ではではー(・∀・)
[PR]
by kaku4837 | 2015-07-08 16:18 | おでかけ。 | Comments(2)

呉へ行ってきたよー。工廠神社編。

あー梅雨とはいえ、天気がコロコロ変わってアレですね。
ツーリング(ただの原付)の予定が立ちません。不満です('A`)

微妙な降水確率を横目に、今回は呉に行ってまいりました。
前回「艦娘たちの最期を見に行く パート①」で見かけた見張所?が気になって仕方なくって確認したい! って趣旨です。

訪問する前にチョット調べると近くに「工廠神社」なるものの跡地があるらしい。
正に呉海軍工廠のための神社。昭和16年頃から昭和20年の間だけ存在したらしいその神社。
終戦のため取り壊されたか、空襲で焼失したのかは不明...。

私のココロがくすぐられるパターンです!

例によって原付でトコトコ走ること3時間強、呉の街に到着。
うーん、お腹すいた('A`) ってコトで「てつのくじら館」へ向かいます。


でーん。
b0289941_20135021.jpg

開館してから何度も訪れたお馴染みの場所です。
入館して展示物はサラりと流して、個人的にココのメインはコレだ!


伊400型の双眼鏡(本物よ)
b0289941_20175815.jpg

たぶん呉で終戦を迎えた伊403のじゃないかなー、と思うの。
覗くと今でもクッキリと沖合の自衛艦が見えるのよ。

でだでだ、館内のお土産屋さんの横に「JMSDF CAFE」って喫茶コーナーがいつの間にやら新設されてます。


こんな感じー。
b0289941_20241941.jpg

カラーリングが潜水艦ですね。統一感があって良い良い。

コーヒーとか紅茶、ラムネなんかを飲めるんですけども。
今回は限定15食! 「あきしおカレー」を頂きます (`・ω・´)朝早く尾道を発ったのはこのためだぁ!
※「あきしお」はてつのくじら館になった潜水艦の艦名ね。

食券買って待つこと10分弱。


あきしおカレー(゚∀゚)
b0289941_2033363.jpg

いやーんかわいいー(´∀`) 御飯が潜水艦だー。( ゚Д゚)ウヒョー。
驚きました。こんなビジュアルで提供されているとは...。
お子様ランチっぽくて可愛いカレーですが、お味の方はさっぱりしててチョット酸味を感じさせる、おっ、なかなかやるな君。的な夏向きテイストです。

( ´ー`)フゥー...。マンゾクマンゾク。


帰りがけにカレーのガイド本をもらう。

b0289941_2042527.jpg



さ、本題に戻って例の見張所&工廠神社跡へ向かいますよー。
てつのくじら館を出て、旧海軍工廠・潜水艦桟橋方面に向かいます。

「アレイからすこじま公園」の駐車場近くにありました。見張所らしきもの。


これだったんかー。
b0289941_20464381.jpg

b0289941_20465421.jpg

これ実物はかなりの重厚感です。今は雑草に覆われてますが当時はどうだったんでしょうか。
何かしらの迷彩塗装とかされてたんかなぁ?特に案内板などはなく、詳細はわかりません。

ここから少し下ると工廠神社の参道がありました。


意識してないと見逃すかも。
b0289941_2052756.jpg

裏には「皇紀二千六百年」「天照大御神」などの文字が。下の方は土に埋まっているためハッキリとは読めません。※皇紀二千六百年は昭和15年のハズ。


さ、登っていきます。
b0289941_20592197.jpg

かなりの勾配です。


左に折り返して更に登る。
b0289941_2105665.jpg

ところどころに通風筒のようなものがあります。この辺りの地下には工場があったらしく、コンクリートで塞がれた出入口のような遺構も数カ所ありました。


こんな感じ。
b0289941_2155130.jpg

さらにさらに登ると(もう息が切れてます)先程と似たような見張所?の様な施設跡。


窓の形が違うね。
b0289941_2185483.jpg

b0289941_219875.jpg



上は機銃座?
b0289941_21102924.jpg

これまた特に案内板は無し。うーん。(ちょっと休憩。ふぅ。)
さぁもう一踏ん張りするぞー(`・ω・´)

登り切るとパッと視界が広くなって...。


工廠神社跡。
b0289941_21135161.jpg

何か気持ちが...。いや、何も考えられない気持ち? 不思議な雰囲気です。
でも綺麗だ...。スーッとする。空っぽになる。

社殿も何も残ってないんですね。唯一神社があったであろうコトを感じさせるのはこれだけ。
b0289941_21183010.jpg


よく見てみると柱が立ってと思われる窪みとかがありますね。
b0289941_21201354.jpg

b0289941_21202712.jpg


もう神社としての役目は終えているはずなのに、何かこう、うん。
所謂廃墟になっているわけですが、参道や遺構は綺麗で荘厳さは失っていない。
現在でも定期的に掃除や手入れはされているんでしょうね。
なにもないのだけど、そっと手を合わせて後にしました。

もうチョット続きますよー(´∀`)
[PR]
by kaku4837 | 2015-07-06 21:38 | おでかけ。 | Comments(2)